FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.2000:23

Lacrymosaその日は悲しみにくれる…



あの悲しみの日Lacrymosaから一ヶ月経ちました。
我が家ではたぶん忘れられないと思います。
タオルにもまだ彼女の臭いがしみこんでます。
整理しながら思い出して書いてみます。
朝6時半前に起床。海の日だから祝日だからうちのデイは休み。
下に降りると玄関のたたきで父親がしぇらっこに薬をチーズに包んで飲ませてる。
母親は庭の草むしり。
おばあちゃんは劉空家の神棚に手を合わせてた。
ごはんでも作るか…と台所に入るとホットドッグの準備がしてあり父親が後ろから「あとソーセージ焼くだけだぁ」と張り切ってる。
しゃーない…掃除機でもかけるか。掃除機かけながらも玄関のたたきにいるしぇらっこに目がいく。何かを見てるような遠い目…。
掃除機かけ終わり、ソーセージ焼いてる父親と会話。
「じゃ。あたしさくらんぼ、洗うね」
「わかった。さてと焼けたぞー。しぇらー今まで我慢してた塩分たっぷりだよ」
玄関のたたきに向かう父親。
「おーいっ」
返事がない…うなだれてる…
「…死んでる…?まだ温かい…」
庭先から母親が飛んでくる。もうまばたきもしないしぇらっこ。
「うそでしょ…シェーラ!!シェーラぁ!」
泣き叫ぶ母親。
「洗ってあげよう…水が好きだったから…」と父親と母親とあたしで洗った。あたしは泣きながら妹に電話。妹も仕事の後なのにかけつける。
毎朝、様子を見に来てくださったご近所さんに知らせに父親は走り回る。
…そこであたしの記憶はふと飛んだ…
気付いたらしぇらっこのおさななじみわんちゃん仲間が色んな人が我が家にお花を持ってきてくれた様子。
その日、最後にあたしのおさななじみが来てくれた。彼女は30分ぐらいしぇらっこを抱き締めて、父親に「自慢の尻尾の毛を切ってもいいよ」といわれたのでしぇらっこの毛を記念に切った。
この日は一日ずっとしぇらっこの名前の由来であるリムスキー・コルサコフの交響組曲♪シェヘラザード♪を流していた。名付け親は父親。アラビアンナイトに出てくる聡明なお姫様の名前である。
誰からも愛されるコだった。食べ物と水あるところに飛び込みボール見たら誰よりも飛び付きが早かった。ケンカはだいっきらいだった。誰かがケンカを売ってきても素知らぬ顔でボールをつんつん。
Scheherasardずっとわすれないよ…。
しぇらっこは天国に行けたが天国の鍵を開ける前に聖ペトロの「待て!!」を守れたか気になる…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劉空アスカ

Author:劉空アスカ
社会福祉に対する情熱はいまだ消えず
うつ病と闘いながら施設復帰を目指すヤツです。
でも理想論ばかり追い求めていて結局、空振りに終わるとゆった天然気質が強い…。
趣味はたくさん。鉄道、野球、音楽などなど。
中距離恋愛をめちゃめちゃ支離滅裂に楽しんでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。