FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.2502:32

ひねくれたクリスマス


今日から1年のはじまりですね~。
blessed Christmas
てなわけでクリスマスおめでとうございます。
19時半からのキャンドルサービス…えっと暗くて歌詞見えないんで知ってるのはドイツ語で歌わせてもらいました(まずひねくれ)
20時からは夜半ミサです。電気がついていつものミサです。そもそも最後尾の階段しか空いてなかったんで階段にて立ち見状態。入祭が♪きよしこの夜♪プロテスタントで覚えた歌詞とちがうっ!!それでキリエ、グロリアと続くが「神の御子イエズース=クリーステよ♪」と唄ったら前にいたフランス人からにっこりされた…なぜだ!?
第一朗読はメサイヤの歌詞でおなじみのイザヤ書より。頭の中をメサイヤのメロディがぐるぐる♪
書簡朗読はなぜか文語で読んでいた年配の信者さん。
主任神父様が福音朗読はじめたときは聖☆おにいさんの光景が廻り出した。説教のときもノートパソコンがちらついてた…あかんあかん。聖体拝領はまじめにやりたいけどこんな最後尾でどうしようかと悩んでたら「後ろからも回りますので安心してくださいね」と言われようやくご聖体にあずかれる。だがプロテスタントと違い「噛んだらダメ」なので口にはりついたまま聖歌を歌ってた。
そして閉祭。
♪あらののはてに♪最後の最後にオブリガードかけようとしたら音をはずして同席者に「はずしたでしょ!?」と突っ込まれる。きっついザクセン訛りで歌ってしまった…。
そして教会から出て明日の仕事のために早めに帰ろうとしたところ主任神父様に「クリスマス、おめでとう。来年もよろしくね。」と握手された…てっきりひとごみにまぎれてるのかと思いきや教会入り口でひとりたたずんでらした。
教会を出たら子供たちが「おおはらしんぷさまー」と探す声がした。
クリスマスはひとりでもいい。だってずっと見捨てない同伴者がこの世に生まれたから。改めて降誕に思いを馳せてみる。生まれた時から居場所がなかった…そして処刑人として最期を全うする。そう…死ぬことを人生のすべて賭けた人間。愛もあった。でも死ぬことが、悲惨な死に方をすることが生まれながらにわかっていた。あたしたちの居場所は彼の血によるものなのだろうか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劉空アスカ

Author:劉空アスカ
社会福祉に対する情熱はいまだ消えず
うつ病と闘いながら施設復帰を目指すヤツです。
でも理想論ばかり追い求めていて結局、空振りに終わるとゆった天然気質が強い…。
趣味はたくさん。鉄道、野球、音楽などなど。
中距離恋愛をめちゃめちゃ支離滅裂に楽しんでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。